乳首に黒ずみが出来る原因!対策する前にしっかり把握しておく事が大切

々

乳首は普段見られない部分ではありますが、黒ずみが出来ているとコンプレックスになってしまいます。それで黒ずみを改善していきたいところですが、その前に原因をしっかり把握しておく事が大切になってきます。そこで乳首に黒ずみが出来る原因を確認していきましょう。

服や下着がきつくて摩擦が起きる

日常生活の中で服や下着を着用しますが、体のサイズに合っていなくてきついと少し動いただけで乳首との間に摩擦が起こってしまいます。それにより乳首に刺激を与えてしまうので保護するためにメラニンが発生してしまいます。メラニンが発生するとそのまま色素沈着を起こしてしまい黒ずみが出来てしまいます。

強く洗っている

入浴する時に体を洗いますが、ナイロンタオルなどを使用して強く洗ってしまうと乳首に刺激を与えてしまいます。毎日続けていると次第に乳首が黒ずんできてしまいます。清潔に保ち続けたいという気持ちが強くなって洗う時もゴシゴシこすってしまいますが、黒ずみが出来る原因にもなるので注意が必要です。

紫外線を浴び過ぎている

乳首は直接紫外線を浴びる事はありませんが、顔に浴びた紫外線によってメラニンが発生して肌が黒ずんできてしまう事もよくあります。乳首も黒ずんでしまう事があるので紫外線の浴び過ぎには注意が必要です。

乳首に黒ずみが出来る原因は日常生活の中でこのようにあります。改善していくには原因となっている事を取り除いていく事が大切になってきます。また肌の保湿ケアも毎日欠かさずに行うようにしましょう。

乳首の黒ずみの解消方法と体の内側からケアする方法

私が乳首の黒ずみを解消した方法は二つあります。

まず一つ目は、ホスピピュアです。

肌の弱い私でも痛みや腫れもなく使用できました。

特に匂いやベタ付きも無くお風呂上がりに一日のケアとして使用しています。

出産後は特に母乳育児が中心でしたので母乳を飲む子どもの吸う力で余計に黒ずみが酷くなりましたが、

母乳育児が終わり母乳も出なくなった頃、再びホワイトプレミアムクリームを使ってから3週間程で元の薄ピンクな色に戻ることが出来ました。

日に日に黒ずみが無くなっていくことが目に見えて分かるのでとても効き目有です。

そして二つ目が大豆イソフラボンを摂取することです。

外側からはクリームで保護とケアが出来ますが、

体の内側からもケアすることが大切だと思います。

なるべくホルモンバランスを整えることでメラニン増加を防ぐ効果もあります。

生理不順や生理痛などの体の不調でも黒ずんでしまいます。

私は乳首の黒ずみが目立ってきた頃から徐々にバストの”ふっくらさ”を失ってしまったからです。

『乳首の黒ずみ=バストサイズが落ちる(膨らみやハリ無くなる)』と言う流れを繰り返しなかなか元の胸に戻れませんでした。

しかし、サプリメントで就寝前に大豆イソフラボンを摂取することで胸の膨らみが維持でき、

黒ずみケアした乳首も簡単に黒ずんだ肌に戻りにくくなります。

なるべく体に負担をかけないためにもホルモンバランスを体の内側から整え、

体にストレスを与えないように心がけると黒ずみの原因メラニンも防ぐことが出来ます。

ブラジャーや服の擦れだけではなく、体の中から黒ずみに負けない乳首(肌)を作ることも大切ですし黒ずみは解消できるので是非試して欲しいです。

乳首の黒ずみ解消の栄養素を発見!でもそれだけでは十分ではなかった!

キレイなピンク色の乳首に憧れている女性は多いと思います。

しかし、そのためにクリームを付けたりといったケアをするのもなかなか大変ですよね。

そこで食生活を見直すことで改善できないか調べてみました。

まず、何故乳首が黒ずむのか、ですが、加齢・出産・育児などの生活習慣の変化でメラニンが生成されやすくなり、それが色素沈着することで、黒く変色します。

乳首はデリケートな場所なので、より沈着しやすいと言われています。つまり、肌を守るためにメラニンの活動が活発になって、弱い部分に集まっている状態という事です。

それならば、メラニンの動きをある程度抑えることができれば、黒ずみは解消されるはずです。

それに効果があるのがビタミン類など、美白効果のある食物たちです。

メラニンを体外に効率よく排出するにはビタミンを摂り、血流を促進させるのが効果的とされます。

他にもメラニンの発生自体も抑制してくれます。

ビタミンは緑黄色野菜に多く含まれるので積極的に食べると良いでしょう。

コラーゲンやミネラル、アミノ酸も大事で、ビオチンというものも挙げられています。

野菜に含まれるビタミンB、C、お肉などから摂るアミノ酸、コラーゲンと考えると、バランスの良い食事が一番効果がある事が伺えると思います。

偏りのない食事が相乗効果で肌の美白だけではなく、体調も改善してくれることでしょう。

しかし、いくら体に良い物を食べていても、正しい摂り方をしないと効果が薄れてしまいます。

できれば一日3食バランスよく食べることが理想的と言われています。

理由としてはメラニンを体内に留めておかないように、老廃物を排出するスパンを短くするためです。

朝を抜いて、昼にドカ食いなどをすると、かえって血行が悪くなり、悪循環となるので注意してください。

クリームや薬品に頼るのではなく、普段の食生活で乳首の問題を解消でき、気付いたら体調まで改善されていれば、一石二鳥の効果となるはずです。

バランスの良い食事と食生活で、女性特有の悩みをスッキリさせて、晴れやかな毎日を過ごしては如何でしょうか。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です